インタビュー・企画

『周りに流されずに自分の人生を生きる』CoolGirlNFTに込めた“想い”とは?

こんにちは、すけです。

今回は、imoto@CoolGirlさんにインタビューさせて頂きました。

『我が道を行く』をコンセプトにした、クールで粋な女の子『CoolGirlNFTを制作しています。

直近ではあのイケハヤさんのプロフィールアイコンにも採用され、今最も注目を集めるNFTコレクションの一つです。

 

今回のインタビューでは・・・

・CoolGirlNFTに込めた想い
・CoolGirlNFTのこれからの展望
・コレクション運営で意識していること

などについて、お伺いして来ましたのでぜひ最後までご覧ください!!

 

きっかけは “CryptoNinja” だった

imotoさん、すけと申します。

今日はよろしくお願いします!

こちらこそ、よろしくお願いします!
早速ですが、imotoさんがNFTを始めたきっかけを教えて頂けますでしょうか?
NFTという言葉を知ったのはイケハヤさんのTwitterがきっかけで、実際にイケハヤさんがNFTを出品しているのを見て、興味を持つようになりました
CyptoNinjaですね!
はい、ただ実際に買おうとしたら50万円くらいすると聞いて(笑)その時に、じゃあ『自分でNFTを売って、そのお金でCryptoNinjaを買おう』と思いました。

実際に、NFTを自分で出してみてどうでしたか?
最初は全然上手くいきませんでした・・(笑)CoolGirlNFTの前は、CryptoNinjaの二次創作でこけしのNFTを作ってたのですが、2ヶ月通して0.007イーサしか売れなくて・・。

振り返ってみて、上手く行かなかった原因はなんだったと思いますか?
まずは、海外の壁が予想以上に高かったですかね。海外に向けて日本の伝統工芸品であるこけしを発信していく計画だったのですが、どれだけ英語やタイ語で発信しても全然リーチできませんでした・・。
NFTは日本より海外の方が断然盛り上がっていると聞きますが、そもそも作品を届けること自体が難しいということですね。
そうですね。あとは、ターゲットの設定を間違ったかなと。NFTに関心がある層は2~30代がほとんどだと思いますが、シンプルにこけしはそういった若者向けのデザインではなかったかなと思いますね(笑)
それらの経験を経て完成したのが、CoolGirlNFT』ということですね。

 

周りに流されずに自分の人生を生きる

CoolGirlNFTに込めた、コンセプトを教えてください。
自分が去年無理やり力ずくで独立したので(笑)、その経験をCoolGirlNFTのコンセプトにしました。
imotoさんのブログで、会社を辞める理由が『冬の朝に出勤するのが死ぬほど嫌だったから』というのを拝見して、良い意味でぶっ飛んでいるなと(笑)記事もとても面白かったです。
ありがとうございます(笑)出勤以外にも辞めた理由はいくつかあるのですが、とにかく「周りの目を恐れずに自分の人生を生きましょう」ということを伝えたくて、CoolGirlNFTを作りました

CoolGirlNFTは、実際にimotoさんが描かれているんですか?
自分はキャラクターのデザインをしているのですが、絵はイラストレーターさんにお願いしています。自分はロクに絵が描けないので……
イラストレーターさんは、どのように見つけたのでしょうか?
本当にストーリーもないのですが(笑)ココナラで探しました! 栓(せん)さんという方で、本当に、ここまで自分のコレクションに注目が集まると思っていなかったので、素敵な方を見つけられて良かったです。

 

NFTは持っている人同士が仲間になっていく

NFTはどんな所が面白いと感じますか?
普通、作品って買ってもらった時点で売り手と買い手の関係が終わってしまうことが多いと思うのですが、NFTは持っている人同士が仲間になっていく感覚が本当に面白いなと思います。
たしかに、NFTは買うというよりかは、所属するという感覚に近いですよね。
はい。それに色んなクリエイターの方の作品を見るのも勉強になりますし、自分のコレクションを育てていく感覚もワクワクしますし、もうなんかすべてが楽しいという感じですね(笑)

去年独立されて、今はNFT一本で生活しているのでしょうか?
今月ぐらいから、ようやくNFTだけで生活できている状況です。NFT以外にはWebライターの仕事もやっていまして、NFTとは少し話が逸れてしまうのですが、難病を持たれている方に取材をして病気の恐ろしさを広める案件にも携わっています
そうなんですね。何かimotoさんにとって大きな原体験などあったのでしょうか?
元々作業療法士をやっていたのですが、作業療法士になった理由が病気で母親を亡くしたからなんですよね。なので、今やらせて頂いているこの案件だけは続けたいと思っています。あとは、NFTにコミットしていきたいですね。

 

上手くいっているコレクションは徹底的に研究

今やイケハヤさんのTwitterプロフィールにもなるほど、CoolGirlNFTへの注目度はますます高まっていますが、コレクションを運営する上でどんなことを意識されていますか?

やっぱり、上手くいっているコレクションは徹底的に研究するようにしています。あとは、自分が今までコレクションの運営で経験した失敗をとにかく無駄にしないということは意識しています。
実際に行動しながら、ご自身の知見を溜めているということですね。
本当に、最初は失敗ばかりしていたので(笑)そういった経験は、確実に今に生きていると思います。

最後に、これからのCoolGirlNFTの展望を教えてください。
そうですね・・最低100人のCoolGirlNFTはリリースしたいと思っています。もっと言えば、999人まで出したいという野望もありますが、これからじっくり考えたいですね。
CoolGirlNFT、引き続き楽しみにしています。本日は、貴重なお時間ありがとうございました!!
こちらこそ、ありがとうございました!!

 

imotoさんのTwitterはこちら

『CoolGirl NFT』はこちら

 

あわせて読みたい

-インタビュー・企画